プロフィール

ある彼方

Author:ある彼方
ニックネーム:ある彼方
生年月日:  11月4日
性別:     男
趣味:     散歩、サイクリング
特技:     マジック(ちょっとだけね)
苦手なこと: 水泳
出身:     福島県(5年だけ)
住んでる所: 宮城県仙台市

散歩に出掛ける時に景色の写真撮ったりします(⌒-⌒)あと、ペットも飼ってます。フェレットです。名前は「ハナちゃん」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ハナちゃんぷろふぃーる
Hana
家に来た日:2008,3,3     性別:    ♀     潜ったり、追いかけられるのが好きみたい。
FC2カウンター
一言。
場面緘黙症とは?
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    我が道を進め 

    2010/02/28 23:03/Sun | 未分類 | CM(0) | TB(0)
    春の到来を少しずつ実感しながら毎日を過ごしている今日この頃。まだまだ寒い日は続いている。ポケットに手を入れておかないと手が凍ってしまいそうだ。
    今日で2月終了な訳だけど、そんな実感は全くない。誰かに勝手に決められた区切りが終わった所で、生活には何の変わりもない。ただカレンダーが捲られるだけの話だ。
    学生は卒業や入学準備シーズンだろう。あと1ヶ月で新しい生活が始まるのだから、この1ヶ月は僕も含め皆緊張しながらフワフワ過ごしそうだ。春休み期間はたっぷり遊ぼうか、勉強しようか。
    「遊ぶ」と言う選択肢が入ってる時点でもう勉強する気は無いのだろう。
    僕は春休みを返上してまで勉強する、そんな優等生ではない。
    それが間違っていたのか、どちらでも良かったのか、何年後かに分かるんだろう。せめて分かるまでは気楽に生きていくつもりだ。



    よくドラマ等で耳にする説教言葉。「お前の為に言っている」僕はドラマ、現実でその言葉を言われて納得した子供を見たことがない。
    それの言葉は確かに事実だと思う。でも「そうだった」と気付くのは体験した後じゃないと本人は分からないと思う。言った本人も経験値があるからこそ言える言葉だ。つまり、本人も前に何かしら失敗をやらかしてしまったことがあると言うことだろう。

    僕の偏った意見なので全てに当てはまる訳ではない無いけれど、僕はそう思った。僕もたまに年下の友達に言いはしないが、思ってしまうことがある。自分が失敗した道を辿ろうとして来たら、止めたくなる。けれど、必ずしも同じ感情を抱くとは限らない。僕が見付けられなかった新しい道が開くかもしれない。
    どうせこちらは傍観者に過ぎないのだ。主役はその人自身だ。もし失敗した時に、迎い入れる心さえあればいい。それだけだ。信じているからこそ持てる感情だと僕は誇りに思っている。
    スポンサーサイト

    Comments

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 鬱~普通へ 1年の道のり All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。